草加ハイキングの会                           最終更新日:2022年5月14日


令和4年4月1日時点、草加を中心に近郊にお住まいの会員数40名(女性:20名・男性:20名)、最高齢89歳から最年少25歳、
平均年齢71.2歳の「草加ハイキングの会」です。

入会希望の方は、草加ハイキングの会 会則と、 家族同意書・入会申込書を熟読し会の趣旨をご理解のうえで入会してください。

本会は、会員全員が公益財団法人スポーツ安全協会 スポーツ安全保険に加入して頂きます。
        (本保険の加入手続きと費用は、年会費から一括して処理します)

登山に参加する者は、(社)日本山岳協会に入会し、山岳共済保険のハイキングコースに加入下さい。     
日山協 山岳共済会事務センター 左側の「WEBからの共済会・保険の申し込み」を選択して手続きできます。
ハイキングコース タイプ T(個人賠償保険付き) 又は、タイプX(個人賠償保険無し)の加入を推奨
 (参加者は、各自で加入手続きを行って下さい)

   入会希望の方にはお試し山行を実施しております。是非参加して見て下さい。

緊急事態宣言/蔓延防止等重点措置が解除されましたが、新型コロナウイルスの感染防止対策を遵守しつつ
個々の状況を加味して可能な範囲で計画イベントを実施します。
又、今後計画している宿泊を伴なうイベントは、参加者や宿泊先の予防状況等を見て検討することにします。
    ■ 5月15日(日) 富士吉田旧登山道馬返しから6合目登山
    ■ 5月22日(日) 横須賀歴史散歩
    ■ 6月3,4日(金,土) 水芭蕉の尾瀬一泊  ハイキング
    ■ 6月12日(日) 武蔵嵐山ラベンダーハイキング
    ■ 6月19日(日) 第9回荒川ウォーク(長瀞→葛西臨海公園)
    ■ 6月26日(日) 丹沢縦走(ヤビツから塔ノ岳経由大倉下山)
    ■ 7月 3日(日) 縦走陣馬山〜大垂水峠縦走ハイキング
    ■ 7月10日(日) 鎌倉紫陽花ハイキング
    ■ 7月27,28日(水,木) 富士登山(富士吉田口→8合目泊→お鉢巡り→宝永山→富士宮口下山)1泊登山
    ■ 7月31日(日) 野川散策・深大寺でそばを食べるハイキング
    ■ 8月3,4日(水,木) 木曽駒ヶ岳登山

 本年度予定の詳しくは、草加ハイキングの会年間計画書 2022年4月〜2023年3月 を参照下さい。

 連絡先: 草加ハイキングの会事務局 へメールを下さい。



     令和4年(2022)年度 計画&実績

     令和3年(2021)年度 計画&実績

     令和2年(2020)年度 計画&実績

     平成31年/令和元年(2019)年度 計画&実績

     平成30年(2018)年度 計画&実績

     平成29年(2017)年度 計画&実績

     平成28年(2016)年度 計画&実績

     平成27年(2015)年度 計画&実績

     平成26年(2014)年度 計画&実績



■ 5月8(日) 第8回荒川ウォーク   (長瀞→葛西臨海公園)

4月3日の熊谷桜堤で桜を楽しむ予定でしたが雨のため中止、桜はすでに終わってしまいましたが 5月初旬の色々な花を楽しむことができました。
気候が大変良い時期なので22名の参加がありました。


■ 4月17(日) 慈光寺山里  ハイキング  

前日までの予想とは異なり曇り空での実施となり20名が参加しました。
慈光寺入口からスタートし標高差200mを45分登り慈光寺に到着。シャガが自生する境内を散策し観音堂を経て 今回の最高点である都幾山(463m)へ。
下りは冠岩経由霊山院まで60分でした。
色々な品種の桜が有、満開前後の桜も数多くあり壮観でした。
行きはタクシーで行った6km弱を帰りは曇り空に助けられて全員元気に駅まで歩きました。
コンパクトなハイクとはなりましたが山あり桜ありのハイクでした。


■ 4月10(日) 宝篋山(461m)  ハイキング  

宝篋山は山桜が山麓から山頂まで咲き誇り大変美しい山でハイキングを楽しむ人も多く人気の山のようです。
当日はお試し参加の方を含め22名が参加しました。
気温が25℃超えるなか休憩を多く取りつつ山頂を目差し山頂からは 筑波山や霞ヶ浦が望むことができ初夏の一日を楽しむことができました。
また、帰りに立ち寄った平沢官衙遺跡は広々とした広場の中に建物が復元され、 古代の様子を楽しむことができました。


■ 3月27(日) 臼井のチューリップ鑑賞と城下町佐倉  ハイキング

前日まで天気が心配されましたが、花曇りの中会員20名とお試し参加2名の計22名で実施しました。
チューリップの開花状況は2割ほどで残念でしたが、佐倉城址公園の桜は8分咲きでとても綺麗でした。
臼井ふるさと広場から佐倉市内の名所観光と長い距離を歩きましたが春の一日を満喫することができました。


■ 3月20日(日) 令和3年度 草加ハイキングの会総会

新型コロナウイルスの感染禍 既に2年経過しようとしています。
この間、年に一度の総会も中止となりましたが今年は、なんとか31名の方が参加して 草加市民会館の第1・2研修室にて開催できました。


■ 3月13(日) 筑波山観梅  ハイキング

12日の力士蔵祭りが中止のため、急遽筑波山観梅ハイキングを行い13名の参加が有りました。
春霞で展望は望めませんでしたが、暑いぐらいの陽気でひと汗流しました。
梅林は5分咲きでしたが、うまいビールを楽しめました。


■ 3月6日(土) 第7回荒川ウォーク   (長瀞→葛西臨海公園)

天気は良いのに寒風が吹く寒い日でしたが15名の参加が有りました。
今回は秩父鉄道永田駅からひろせ野鳥の森駅まで約14qを歩きました。
川本白鳥飛来地では8羽の小白鳥が優雅に水面を滑る姿をまじかに見られました。


■ 2月27日(日) 幕山(626m)・南郷山(611m)観梅  ハイキング

1週間延期での開催となり18名が参加しました。
幕山公園は「梅の宴」が開催されており、多くの観光客で賑わっていました。
幕山公園の梅花を楽しみながら幕山と南郷山の両山を登ってきました。
山頂からは相模湾や真鶴半島が見渡せ眺望は最高でした。


■ 1月30日(日) 日光光徳クロスカントリースキー

日光光徳温泉にてクロスカントリースキーに挑戦。
3名共クロスカントリースキーは初めての体験。スキーを履いて恐る恐る雪上を歩き出す。
何度か転びながらコツを覚えて滑れるようになり、真っ白な雪原コース(原コース、5Km)を楽しみました。
外気温はマイナスですが歩き出すと汗ばむほどです。スキー終了後は温泉入浴で身体を癒しました。


■ 1月23日(日) 宝登山  ハイキング

寒空の中21名の参加で野上駅から宝登山ハイキングスタート。
山頂手前の急登に息が上がりましたが無事山頂到着。
山頂で秩父の山並みと見頃のロウバイの花を見ながら昼食を取り、宝登山神社を経由して長瀞駅から予定より早く帰りました。


■ 1月9日(日) 真鶴半島  ハイキング

真鶴駅から三ツ石海岸までの真鶴半島周遊コースを18名で歩きました。
1月とは思えない穏やかな日で、海が真っ青で美しく、房総半島や伊豆七島の利島も見えました。
山と海の両方を楽しめ、地場の魚の干物を土産にし帰りました。


■ 1月4日(火) 越生七福神めぐり

今年は江の島・鎌倉の予定でしたが、感染拡大のため人込みを避け越生七福神に変更しました。
1月4日は晴れの特異日で今年も快晴の穏やかな日で、13名の参加が有りました。
越生の里山の七福神を巡り、約13kmのコースを全員で歩くことができました。


■ 1月1日(土) 新春草加七福神巡り

新年恒例の草加七福神巡りに11名の参加がありました。


■ 12月13日(月) 鬼怒川温泉1泊忘年会

今年も年末恒例の忘年会を12名が参加して鬼怒川温泉1泊で実施しました。
太平山ハイキングからの継続で温泉で疲れを癒し、おいしくお酒が飲めた忘年会でした。
翌日は、冬晴れで冷たい風が吹く中、廃墟巡りとワールドスクエアに行く組に分かれての散策となりました。


■ 12月12日(日) 太平山(341m)  ハイキング 

今年最後のハイキングを22名が参加して日帰り組と鬼怒川温泉一泊組との合同で実施しました。
新大平下駅をスタートし、七不思議伝説で有名な大中寺からぐみの木峠を経由し大平山神社へ。
昼食後、日帰り組は謙信平から下山、一泊組はあじさい坂を下って国学院前に下山、鬼怒川温泉へと分かれました。
天気も良く最良の一日でした。


■ 12月5日(日) 渋沢丘陵  ハイキング

年間計画ではヤビツ峠から塔ノ岳まで縦走しバカ尾根を大倉に降る計画でしたが、 この時期、日没までに下山が無理なので計画変更しました。
丹沢山塊が一望できる渋沢丘陵を23名で歩きました。 里山の低山歩きでしたが、頭高山(ずっこうやま)の頂上ではモミジの紅葉が見事でした。


■ 11月28日(日) 鹿沼・石裂山(876m)  ハイキング 

天候は快晴、寒さが厳しい早朝に参加者9名で鹿沼の石裂山(おざくさん)に向かう。
皆が始めての山で、梯子や鎖があるとの情報は得ているが心配しながら石裂バス停から歩き始める。
月山に向う途中から梯子、鎖場、急登とスリルのある登りがありましたが、石裂山を越えてからの下りは更に 長い梯子の登り下りに木の葉で滑り易い急坂とスリル満点で注意しながら無事予定時刻に下山できました。
帰りの列車の車窓からは素晴らしい夕日を見ながら帰途につきました。


■ 11月21日(日) 高尾山  ハイキング

紅葉シーズンと新型コロナ感染の減少傾向が重なり、高尾山は観光客で大変な混雑でした。
参加者18名迷子にならないよう、登山道を進みました。 山頂も大混雑でしたが、昼食場所を確保して「おでん」などを楽しみました。
天候にも恵まれ晩秋の1日を満喫出来ました。


■ 11月14日(日) 青梅丘陵  ハイキング

青梅線の軍畑から青梅丘陵ハイキングコースを18名で歩きました。
低山なので紅葉は一部でしたが快晴の秋の一日を楽しめました。


■ 11月6日(土) 第6回荒川ウォーク   (長瀞→葛西臨海公園)

秋晴れを狙って6日(土)に、男性のみ7名で行いました。
JA男衾直売所で、寄居特産の白い茄子で「とろとろ茄子」を購入、オーブンで焼いて皮を剥くと「とろとろ」でおいしく頂きました。
しっかりお酒も飲めて大満足、集合写真を撮るのを忘れました。


■ 10月30日(土) 陣馬山おでん鍋  ハイキング

10月31日(日)の予定でしたが、30日(土)は最高の秋晴れになる予報なので急遽日程変更しました。
参加者は半減で9名でしたが、最高の青空の下でおでんとお酒を楽しみました。


■ 10月24日(日) 第5回荒川ウォーク   (長瀞→葛西臨海公園)

17日は雨のため1週間延期で24日に実施、秋晴れに恵まれて16名の参加が有りました。
鉢形城跡の芝生で昼食、青空の下でワイン・ビール・日本酒など楽しむ事が出来ました。
寄居で暫く停滞でしたが、少し駒を進める事が出来、次回は東武東上線の男衾駅からのスタートになります。


■ 10月10日(日) 群馬太田歴史探訪 ハイキング 

24名の参加者があり、3グループに分散して太田駅からハイキングスタート。
好天の中 長念寺、大光院、金龍寺を参拝後、金山城跡を目指す。
金龍寺からは山道となり、途中急登もあり汗をかきながら金山城跡頂上に到着。 標高250メートル程だが太田市街が一望できるナイススポット。
金山山麓の7つの由緒あるお寺に祀られた太田七福神巡りも出来て充実した一日となった。


■ 10月3日(日) 足利・行道山(442m)・大岩山(417m)・両崖山(251m) ハイキング 

久しぶりのハイキング、参加者も24名、雲一つ無い秋晴れとなりました。
スタート地点の行道山バス停へ向う足利のコミュニティバスに全員乗車できるか心配したのですが、ほぼ貸し切り状態。 行道山浄因寺に向う参道には多数の石仏が迎えてくれました。
日当たりの良い場所では、陽射しも強く暑いが日陰はひんやりと気持ちが良い。
低山ながらハイキングコースは良く整備され変化に富んでおり、景色もすばらしく気持ち良く秋の一日を過ごすことができました。